* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.03.23 Tuesday * | - | - | -
* Rose
いくら今年は昨年よりもガーデニングに目覚めたからといって、まだまだひよっこ。おまけにインチャージはしっかり我が夫であることをうっかり忘れていた。しまったっ!

Tちゃんからバラの木を一本分けていただくことになり、早速お互い会う時間を決めよう、などと思っていたら、「うちにはバラの木が8本もあるではないか!新しいバラを植えることよりも今あるバラの世話をきちんとしなさい!」と一喝。首うなだれる私。・・・がしかし雷親父の言うこと、しかり。
今あるものに感謝して、充分と味わったのちまた次なる学びの方向性を見つける、という禅の教え、、、ではないな、まあそういうような事をいわれているような気さえしてしまった。。。

おまけに私が植えるつもりだった場所はワイルドフラワーの種を蒔く、とプランしたところだったそうな。すっかり記憶が抜けている。すみません。そして、せっかく届けてくれるとまで話していたTちゃん、ごめんなさい。

そう、我が家には藤に続き、美しい薔薇たちも満開でいらっしゃるのでございます。




 
香水が生成されるほどの薔薇。香りが甘くてとろーんとしそうです。薔薇の精油は驚くほど高価ですよね。


2009.05.24 Sunday * 23:02 | 暮らし・家 | comments(3) | trackbacks(0)
* Wisteria
日本語では藤、とシンプルで和風な名前のこの花。英語ではwisteria・ウィステリア。なんか秘密めいた妖しげなイメージがただよいます。
JUGEMテーマ:畑・ガーデニング


今年も我が家のウィステリア満開!手入れしなくても咲いてくれるから嬉しい。薄紫にたまにベビーブルーも混ざっていたりして実に艶やか。



実家のある町に大きなお寺があって、そこの名物が藤の花でした。毎年春先にその寺で藤祭りが開催されて、満開に咲いた藤の花の下、味噌田楽やみたらし団子、ところてんなどを食べた記憶があります。大人達はお酒を飲んでいたっけ。
今日はわたしもこの藤の花のもと、ビールをぐいっといきました〜。

2009.05.23 Saturday * 21:03 | 暮らし・家 | comments(6) | trackbacks(0)
* タイル・プロジェクトI
〜タル〜

これを選ぶのにまた時間がかかりました。


ん。。。手が大きい人にはこういう綿密作業は・・・


マスティックを壁に均等に塗りつけています。
昔、ペンキ塗りとリペアパッチのアルバイトしてたんですよ。
そのスキルが役立つといいんですが。

調子に乗ってきました。結構楽しい〜〜♪

やっぱり、独りで生きていける、わ・た・し。
食いっぷちに困ったらタイル貼り職人するとしますか。。

日常のTo Do List 10のうち優先順位でいくと大体トップ3が子供や家事関連事項で、大体その3つを終えるか終えないかの時点で私の1日は終わる。しかもその13までの事項は翌日も同様に繰り返され、延々と続いて週末へ突入するのだ。週末は週末でまた違うカテゴリーのToDoListが待っている。それは家族タイムや交友関係のイベント、睡眠のキャッチアップなども含まれる。つまり日常ToDoList410は積もりに積もって結局処理をされずに行き場をなくし気づいたら半年、1年、余裕で過ぎていたなんてことはもう慣れっこだ。

そうなると、本当はやる気になれば1週間で終わるはずのToDoList#4が構想1年なんてことになってしまって、それじゃあいざやろう!という時にまたモタモタして、てきぱきできなかったり、と悪循環もいいところ。

 

過去半年間、我が家の日常TodoList4~10、そして週末のToDoList にも常に名を連ねていた項目。題して、「キッチンのタイル貼り」

シンクの水周りに板が付けられていたため水分で膨張し、おまけにカビも見えてきたのが1年前。娘が誕生した直後で、まだこの家は借家だった。いずれここを出るんだから、今だけの我慢、と見てみぬ振りをしていたのだが、その借りていた家を購入することになり自分達の所有物となったとたん、ころっと心変わりしてこのカビが許せなくなってきた。ちゃっかりしてるものだ。


カビが取れぬものなら全部はがしてしまえ〜。と思い立ってタイル貼りを計画し始めたのが昨年9月。11月にタイルを選びを始め数千とある種類を見て回った。ため息が出るほどステキな中近東やトルコのデザインなどがあって将来はお風呂場に、などと考えるのも楽しかったなぁ。とにかく沢山クラクラしながらサンプルを見て、色の組み合わせも夫と何度も話し合って構想した!

もちろん私は始めから自分のアイディアを通すつもりだったので「これ」という大体の雰囲気が頭にあったものの、見積もりしてみるとバジェットオーバー。泣く泣く、夫の選んだ素材のタイルを購入。色やその組み合わせは私が選ぶことになった。

 

そして昨年12月。お友達のご主人が水周りの壁の土台を作る手伝いをしに来てくれた。そしてすぐにタイルを貼りプロジェクト突入と待ち構えていたが、やはり、そこへ行き着くことなく年は越された。タイルの分量のミス、貼る面積の勘違い、新たに必要となった材料。いろんなことを理由に延期に延期を重ねて、さあ、今日は絶対にやるぞ!と前述のご主人に来てもらうことになっていたのに、キャンセル。足りないものがあったのだ。誰のせいかはここでは申しません。

 

不意にまとまった時間がやってくるとすれば、それは子供たちが寝ている夜の時間。父ちゃん母ちゃんに与えられた時間は1時間か2時間か。とにかく今だっ、今しかないっ。

1時間半でタイルの接着をするマスティックと約半分のタイル貼り第一工程が終わった!やればできる!明日も頑張るよー。

 



2009.03.02 Monday * 23:37 | 暮らし・家 | comments(3) | trackbacks(0)

| 1/1Pages |