* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.03.23 Tuesday * | - | - | -
* 高アルカリ性&抗酸化作用のあるお水

今日は我がファミリーにとって、すでになくてはならない存在になってしまったものをお伝えしようと思います。

先月このブログでも少し触れましたが、我が家ではエナジック社のイオン水生成器を使っています。
英語ではWater Ionizerと呼ばれていて、成人病予防としてこの器械から生成されるアルカリ性で抗酸化力の高いお水を食事療法の一つとて飲料するように勧めている医師も沢山いるようです。





 

電解槽に、チタン白金メッキの電極を使用した7枚の電極板を搭載して、ゆとりのハイパワーを
生み出します。パワフルな電解能力でORP+1130mV〜−800mVの水を安定して生成します。(生成水の選択および原水によって異なります。)
還元水側は、電気分解によって水酸化イオン(OH−)や陽イオン(カルシウムイオンなど)が
多くなり、同時に水素が含まれることになります。

1998年に、私は飲酒中に吐血をし、当時看護婦をしていた友人から胃腸内視鏡分野の世界的権威である新谷弘実先生を紹介していただきました。すぐに胃の内視鏡を施術していただき、幸い大事には至らなかったものの、予防医学を推奨する新谷先生からは今後の私自身の食事療法+警告を頂きました。
その中に、
*アルカリ性のイオン水:還元水を飲むよう勧められていたにもかかわらず、当時、グルメの街ニューヨークで青春を謳歌していた20代喫煙者の私が先生のお言葉に聞く耳を持っていたかどうかは火を見るより明らかでした。

*還元水(High Alkaline & Anti-Oxidant Water)
:高アルカリ性(8.5〜9.5ph)で活性水素(H)を含み抗酸化作用が強いイオン水。酸性のものをアルカリ性に還元することからこう名づけられた。世界各国(フランスのルルド、メキシコのトラコテ、ドイツのノルデナウ、日本の日田天領)で難病を治す奇跡の湧き水と呼ばれている水の成分にはこの活性水素が多く含まれていることが分かり、それと同じような水を生成器で電解することによって作ることができる。

人間とはネガティブな方向への自堕落な行動は何度も繰り返す生き物で、きっとそれはポジティブになるよりも簡単だから、、、ということなんでしょうか。全く生活習慣を変えなかった私は数ヵ月後になんとも心地悪い慢性の腹痛を体験します。そして今度は大腸の内視鏡(コロノスコピー)検査でポリープになる直前の細胞、荒れている腸膜が数箇所あったことを知らされました。信じられない話ですが、そんな体験をした後も、健康・体力共に過信していた私は現状の変化を拒み、そのまま1日にタバコ2箱を消費しながら突っ走っていきました。

*フリーラディカル(Free Radical)活性酸素
:多く発生することによって細胞を傷つけ破滅させたり体内を酸化させてしまうといわれている。血管の詰まり、アレルギー、老化を始め成人病、癌の原因の一つといわれてる。
人間は呼吸によって酸素を取り入れ、また食物を体内でその酸素と結合し燃やすことによってエネルギーを消費し生き続けている。活性酸素はその燃焼原理から発生するもの。

10年以上前に新谷先生が食事以外にお水を飲むことの大切さ、それも、「体内の*フリーラディカルを減らせば免疫システムも強くなり病気にならないんだよ」と何回か繰り返されたことが今、いきなり耳に飛び込んでくる毎日です。

人間にはタイミングがあると思います。仕事、結婚、出産、家の購入。。。全て各々の「これ」というタイミングにぴったり合う時事がスムーズに運んだりすることを経験したりします。
私にとって今が自分の身体に対して目を向け、自分に合った生活習慣を作っていくタイミングなのではないかと思っています。
以前から、安全と言われている水道水に関して実際のところどうなのか・・・という疑問、疑問を感じながらその水を自分の子供たちに与えている現状、ボトルウオーターに関するさまざまな憶測、クオリティーの高いヘルシーな水とは何だろう、というようなことを日常に感じ始めていたころ、このエナジックのイオン水生成器とめぐり合いました。

偶然にもエナジック社のNYブランチで新谷先生が顧問をしていたことを知った時にこれは「偶然」じゃなく「必然」だ!と思ったんです。そして市場に五万と出ている他社のWater Ionizerをリサーチするきっかけにもなりました。


まだ解明しなければいけない事はたくさんあるようですが、素人の立場から、また一番率直に言えば子を持つ親としての立場から更なるリサーチを続けていきたいと思っています。









2009.03.10 Tuesday * 09:26 | | comments(8) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2010.03.23 Tuesday * 09:26 | - | - | -
Comment
Qママンさん、お久しぶりです。前回の三色おはぎ、みごとな色どりがきれいでした〜。
私も昨日某日本食スーパーに行きまして小豆を探しに行きましたよ。

ところで、イオン水生成器。日本で家族が使っています。
その器具はアルカリ性のお水と反対側に酸性の水も出るそうで、お風呂に入れたりしてるって聞いた覚えが。両親は昔、高い水を通販で買っていたみたいなんですが、家でイオン水生成器を使い始めてからはお水にかなり満足してるみたいですよ。
Qママンさんのリサーチがまた深いですね。興味深かったです。そして、<グルメの街NYで青春を謳歌していた>・・・私もまさにそんな感じだったので共感しましたよ。また水のこと教えてくださいね〜。

| タイキー | 2009/03/13 1:19 AM |
こんにちは。先日はメールをどうもありがとうございました。嬉しかったです。
某日本のスーパー、、、どこかしら〜?
前住んでいたうちのアパートの近くかな。。。
9丁目の??それとも8丁目の?

イオン水は家族みんなで飲んだり、お掃除やその他化粧水としても使えるのでお水の良さを体感している毎日です。

| ★Q→タイキーさん | 2009/03/13 5:27 AM |
ああぁぁぁ、今日、この話を聞こうと思っていたのに忘れた・・・
月曜日のPGで教えてください(経費的な面がきになります)
| 愛 | 2009/03/14 1:05 PM |
私のブログのレス欄で私もお水にはこだわっている、なんていいましたが、なんともお恥ずかしい。
健康オタクの母にもらった、ゴルフボール大の丸形の活性石です。
それをお風呂とやかんにそれぞれ一個ずつ入れて使っています。
その玉を入れるとなにやら、水がやわらかくなるとか、おいしいとか、2日酔いしないとか、笑。
植物が長生きするとか、そういう効果があるみたいなんです。
母にメールでこの石のこと調べたいから名前を教えてといったら「わすれちゃった。わからない」という返事が返ってきました。。orz
Qママンさんのところのはあの新谷先生のお墨付きのものなんですね、すごい!
それに比べ、うちはか・な・り、眉唾ものです〜。
でも何も入れないときよりは、たしかにお水の味は良いのでかれこれ5年くらい愛用しています。
| Toko | 2009/03/15 1:28 AM |
Qママンさん近未来のキーワードは「水」だと感じています。水不足の国も少なくないしエネルギーとしても利用価値があります。1992年、私は3日間の徹夜明けに路上で倒れた後、救急車で運ばれ入院。医師の勧めから就寝前と起床後直ぐにミネラルウオーターを必ず飲む習慣を数十年間継続しています。体調はいつも良いです。「水」ってただ同然だから有り難みが薄いようだけど自然に心から感謝ですね。感謝
| エウロパ | 2009/03/15 5:22 PM |
愛ちゃん、いつでもお話しますよ〜。
また声かけてね。
ぁ、明日はもう月曜日。
PGで会えるね。
| ★Q→愛ちゃん | 2009/03/16 9:58 AM |
Tokoさんがお持ちの活性石は、きっと不純物を吸収するというセラミックボールかな?
かなりお水がまろやかになりますよね。

新谷先生をご存知なんですね〜。
内視鏡検査で初めてお目にかかったのが11年前でしたが、その後数年前にお会いしたときもまったくお変わりなくお肌がぴちぴちしておられました。




| ★Q→Tokoさん | 2009/03/16 10:05 AM |
エウロパさん、「近未来のキーワードは水」。
わたしもまったく同感です。
先進国では水道から出てくる水を当然のごとく使っていますが、飲料水さえ確保できない国がたくさんある事を知り、水の大切さを再確認するべきですね。まさに感謝に値するほど貴重なものです。


| ★Q→エウロパさん | 2009/03/16 10:50 PM |









Trackback URL
http://happypdx.jugem.jp/trackback/27
<< 三色おはぎ | main | 時間がない時でもパンを作ろう。 >>