* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.03.23 Tuesday * | - | - | -
* 夢の世界II
 

先日の日記「夢の世界」から興奮冷めやらぬまま引き続き‘つづき’を書こうとして今日に至ってしまいました。まったく、そんな話覚えてないわ〜という方はお時間のあるときにこちらを。

 

若い母が病に臥した実際の話を夢で見た1月。一体この夢を見た意味は?・・・などとふと考えてしまう時もあったりして、しばし悶々とした日々を過ごしました。

 

そして、バレンタインデーの少し前。こんな夢を見たんです。

夢の中の私であろう存在は大正時代の女学生のようにハイカラさんが通るのハイカラさんのような風体で小走りにどこかに向かっています。長い髪を三つ編みにしてお下げ頭。桃色の風呂敷包みを抱えて神社に行き着くと、そこには同じく女学生が待っていました。きつい感じのいかにも険しい顔つき。

=女学生を傍観している自分もいるのでしょうか、やはりフィルムを観ているような感じです。

 

以下こんな会話が交わされました。

 

わたし「おじょうちゃん、遅くなってごめんね」

彼女、無言でおかんむり。

わたし「急いできたんだけどね・・・」

 

そして、状況が変わり、二人は仲直りして縁側に座っています。

わたし 「おじょうちゃん、どうするの?」

彼女「このままだと結婚せないかんくなるわ」(結婚しなければいけなくなる)

わたし「ほんとうにいいの?」

彼女 「沢山子供生んでその子らにやりたいことやって貰うでいいわ」

 

そう言うと彼女はあははははと可笑しそうに笑いました。私は立ち上がって彼女に深く会釈をするとピンクの風呂敷包みを彼女に渡して無言でてくてく歩き始めました。神社に戻ると静かな境内で青い空を見上げ、真夏日のまぶしい光に包まれた瞬間目を覚ましました。

 

まるで大林宣彦の映画のワンシーンのような、美しい映像だったんですよー。

 

☆夢の中の「おじょうちゃん」と出てきたのは私の祖母で、彼女の名前は「志」で「ぢゃう」と書き、読み方は「じょう」でした。その名のとおり厳しく、一本気のスパルタママだったようで、写真を見てもその怖さは伝わってきます。母が14歳の時に40代後半で他界しています。


祖父母は親同士が決めた結婚に従い、式当日が彼らの初対面でした。当時そんなしきたりは当たり前でみな素直に従ったものなんですね。でも、私がこういう異人種というかアウトローでこの世にやってきたことが何よりの証拠に遺伝子の中には一筋縄ではいかないごうじょっぱりなDNAが混入していることは間違いありません。祖母だって、何かやりたいことがあったのかもしれない。ただ時代がそれを許してくれなかった、、、そういう可能性を考えると自分がいかに恵まれた環境や時代に生きているかを深く考えさせられます。

 

夢の中の私は祖母のなんだったんでしょう。友達?・・・もしくは妹?

若い母が実際に体験した話、女学生だった祖母の話。その夢の意味は分からないかもしれない、でもいろんなことを考えさせられ、今の自分に起こっている現実と夢の話を重ねてみたり。。。

・・・ そう考えていた数日の間に、また新たな夢を見ることに。。。

to be continued

2009.03.01 Sunday * 14:41 | つぶやき | comments(0) | trackbacks(0)
* 夢の世界
今日は夢の精神世界について語ってみましょう。
・・・なーんて、分かった風に書いてしまってすみません。

子供の頃から毎日のようによく夢を見ています。それもかなりヴィヴィッドな。たまに凄まじくおどろおどろしい情景を、勝手極まりないストーリーで展開されると、さすがに睡眠がきちんととれていないのでしょうね。翌朝二日酔いのように辛い時が過去に何度もありました。

逆にスピリチャルな映像も出てきて、そんな夢を体感した朝は、ん?わたし、悟りでも開いたの?ねえ。と朝日の中、誰かに聞きたくても聞けない悩みをもった日もありました。(いまだ悟り開いておらず、まる)

ところで、今日はどうしてこんなことを書き始めたかと言いますと、先月ちょっと変わった夢を見たことから始まって、先週、今週に至る、これまた変わった出来事を記録してみたいな、と思ったんです。

私の母は姉を出産した1年後、若干23歳のとき原因不明の発作に倒れて3日間ほど意識不明、生死をさまよう体験をしました。これは実際に起こった事で幼い頃に両親から聞いたことがあります。

このストーリーの全工程の映像を夢で見たのが先月だったのです。
はじめに母が庭で倒れたシーンから始まり、病院に運ばれ、その後に病院で眠っている情景、そして、その枕元で泣いている若い父の姿、を上空からふんわりと浮いた感じで傍観している、というものでした。
そして医師が「覚悟してください、、近しい親族をお呼びください」と話しているような状況下で父が泣き崩れそうになっています。それを宙にふんわりと浮いた存在の私はどきどきしながら「この人たちのところへ行きたい」とつぶやいたんです。
ぱっと目が覚めた時は汗びっしょりでおまけに目が涙で充血しているほどでした。

実際に私の魂というものが、その臥している母と父のいた場所に存在し、将来この夫婦のもとにやってきたいな〜、と思ったのかどうかは定かではないし、その答えは見つからないと思います。でも母は幸いにも意識が戻った後、医師から、今後妊娠は控えた方がいいだろう、と忠告されているんですね。それを考えると、この夢が示唆しているのは、何が何でもこの両親から生を受けたいという選択を自らして誕生してきたんだ、という遠い過去の記憶なのではないか。。。。と。

何人かの友達にこの夢について話しました。
j実は父にもメールで伝えたんですが、感動してくれるかと思いきや、次回出演するカラオケ大会の話でもちきり 。私の夢はかなたに消えていきました。

・・・そして、話は先週につづきます。(我ながら長い・・・)

JUGEMテーマ:夢世界
☆楽しんで頂ければクリックをよろしくお願いします☆
☆どうもありがとうございます☆
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
 




2009.02.22 Sunday * 21:00 | つぶやき | comments(5) | trackbacks(0)
* 祝!1ヶ月が経ちました!
Jugemのサイトにブログを書き始めて一ヶ月が経ちました。

誰に宛てるでもなく、見せるでもなく、実に独断と偏見で、
つらつら書いてみよう、と始めた記録です。


以前にも他サイトやMixiにも気が向けば書いていましたが、
コンスタントに日記的に書く、ということはしませんでした。

でも、せっかくタイトルをハッピーライフにしたのだし、
この1ヶ月の間、なるべく1日おきにでもアップしよう、
とモチベーションをあげて書き続けてみました。

すると、、、多くの人がブログにはまる理由が
なんとなく初心者ながら分かったような・・・・・。


初めは、このブログ、誰に見られようとそんなこと構うまい、
ようしっ私の全てをさらけ出すわ、と考えていました。

・・・と同時に、あ、でもでも、私の言葉はワールドワイドウェブに
乗って世界を駆け巡っているのよね、と考えると
やっぱりつらつら勝手気ままに書くわけにも行くまい、、、。

いやいや、待て待て、見てる人はまだ数人だよ、姉さん、
と自分に言い聞かせる。
ふっ。独り芝居もうまくなるものだ。


とにかく、公共に出している、ということは、
それなりに自分の言葉に責任を持たなければいけない気もして、
くだらないことを書きながらも、
なにかこう、見えないオーディエンスを意識して
書いているような心理が芽生えてくるのですよね。

そして、自分の記録としてつぶやきを残してるので
生活にちょっと張りがでてくるような。

まあ、ちょっとだけですが。


皆さんはどうですか?

同じくブログを書いていらっしゃる方、
お気持ち・意見交換できたらうれしいです。

・・・・・って誰も見てないって?(笑)

それはそれでまたいいんです。

自分ワールドで楽しみます。

2009.02.15 Sunday * 19:00 | つぶやき | comments(8) | trackbacks(0)
* わたしの食欲・・・
昨日はまさに「食べる日」というお題が付くほど朝から夜まで食べっぱなしの日でした。(幸・・)

朝:かなりのボリュームコンチネンタル・・・早朝からたらふく状態
昼:韓国&中華料理・・・満腹以上。。ジーンズのボタンそっと、はずしました。
夜:インディアン料理・・・友人宅だったので調子に乗ってなんとお代わり3回(美味しかった)

20代のころ、
「いやぁ〜どれだけでも入っていくんですよ〜」
とがつがつ焼肉をほおばる私がいた。


>>それはニューヨークにいながらにして、神戸牛やオルガニックの黒豚までもがリーズナブルなお値段で味わえるという、この世の楽園のような近所の焼肉屋での出来事でありました。メンバーシップまで取って通い続けた焼肉WEST。
いろいろなお肉を堪能させて頂きました。子連れでもOK!


そんな私を見かねた年上の(スリムな)友人は、「まぁ、30代も後半になれば食も細くなっていくからね〜」となぐさめ+あきれ半分での優しいお言葉を下さったもの。

「ほんとうに?」それなら大丈夫だ、と安心したが、抑制できない自分の食欲には揺ぎ無い自信(?)があったので信じるまでもなく、、、。

あれから何年経ったろう。
自分が自ら30代中期、後期、そして現在に至るまで、自分の「食欲」というものに関して真剣に向き合ったことがあるだろうか。そして、考え、自分の身体のこととしてきちんと意識したことがあったろうか。


いや、ない。

んん、ある時もあるのだが、持続した試しがないぞ。。。

たまに「ダイエット」「食生活」「栄養」「健康」などなど、、いろんな文字が頭によぎるのだが、今、この瞬間に自分が食べたいもの、という欲求に対して忠実に従ってきてしまったような気がする。
それでも身体というものは正直なもので、偏食を続ければ、ビタミン欲しさに緑黄色野菜や果物を欲しがる。そして、先日も書いたが身体が怠けていれば動かしたいという欲求も当然出てくる。

私はおそらく雑食の人間で、バラエティーある食べ物をいろんな調理法で食べてみたい派、なのだと思っている。好き嫌いがなく、常に食欲旺盛ならば、それに感謝すべく、バランスよく食べる方法をみにつけなければ!もっと身体の声を聞いてあげなければいけませんよね。。

You are what you eat......この言葉が身に沁みる今夜。


JUGEMテーマ:健康

☆楽しんで頂ければクリックをよろしくお願いします☆
☆どうもありがとうございます☆
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
 




2009.02.08 Sunday * 23:41 | つぶやき | comments(9) | trackbacks(0)
* 本日より
みなさん、こんにちは。オレゴン州、ポートランド在住のQママンと申します。

現在育児まっ最中のわたし。
毎日どたばた身の振りかまわず、多忙。
・・が、愛息4歳児Q助はたまにわたしの相談にも乗ってくれたり、
水を止めなさい、などと厳しく注意をしてくれることもある。
愛娘1歳児ルビーちゃんは
あたくしの追っかけガールで、
最近では
後追いブームがさらにヒートアップ中。
愛、が感じられるってすばらひー。

そんな中、十分幸せ、と感謝しつつも今年はさらにハッピーな生活を営む努力をしていこう、と2009年の元旦に誓いを立てました。

ポートランドは大自然に囲まれた緑豊かな街であると同時に芸術・文化・ダイニングを楽しめるスポットも盛りだくさん。そしてファミリー・フレンドリーと言われるほど子育てがしやすい街として日本で話題に上がることも多いのだそうです。
そんなすばらしい街に引っ越してきて早2年。二人の子供の成長を見守る中で40歳という大台を迎えたあたくしは残りの人生をもっと大切に素敵に平和にそして幸せに、親として
わが子達へ何かを残せる使命があるとすれば、それは彼らのよきロールモデルとして生きていくこと、に尽きるのでは。。。という考えにたどり着きました。

幸せ感とは一言では語りつくせないほど多種多様、それぞれの価値観や各々の性格によってもかなりの違いが出てきます〜
ただ泣いても怒っても笑っても同じ時間が過ぎるのならば、できるだけ明るく努め笑いのある生活を望み、日常のさまざまな箇所にハッピーと感じる思いが増えていけばいいな、と願わずにはいられない思いなんです。


世の中こんなんでいいの?
・・・という程
耳をふさぎたくなるような事件や、信じがたいことですが戦争はいまだにオンゴーイングしている。
悲しいことが多発しているこんな時代だからこそもっと自分自身の身の周り、家族や友人の大切さ、そして自分の存在への感謝の気持ちを忘れず生活していきたいな、、、と感じてます。

このブログでは育児、環境、衣食住、仕事などなど生活全般を自由に綴って行く予定です。
そして「今日の幸せ」と題して何か一つ盛り込んでいこうではありませんか。

それでは皆さんどうぞよろしくお願いいたします。

「今日の幸せ」
娘の遅い昼寝。。このブログを書く時間が不意にやってきた只今5時PM。
この大切な時間に幸せ感いっぱい。ありがとう!



☆楽しんで頂ければクリックをよろしくお願いします☆
☆どうもありがとうございます☆
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

2009.01.15 Thursday * 18:06 | つぶやき | comments(0) | trackbacks(0)

<< | 2/2Pages |